「トモロボ」の建ロボテック株式会社、長期融資と第三者割当増資により約2億円の資金調達を実施

muromuro ファクタリング・ローン・融資ニュース
ファクタリング・ローン・融資など 資金調達最新情報

ファクタリング おすすめ業者比較

OLTA クラウドファクタリング の評判・審査・口コミは?

建ロボテック株式会社が長期融資と第三者割当増資により約2億円の資金調達を実施、引受先は株式会社グローカリンク、モバイルインターネットキャピタル株式会社、融資は中国銀行、商工組合中央金庫から

建設現場用協働型ロボット「トモロボシリーズ」の初代となる結束作業ロボットを2019年3月に初公開し、2020年1月より正式販売を行っており、全国の建設現場で活用されており、協働型ロボット「トモロボ」などの建設現場の省力化ソリューションを提供する、建ロボテック株式会社(本社:香川県 代表取締役:眞部達也)が、結束作業ロボットの更なる進化と共に、他作業を省力化するロボットの開発を進めることを目的に、引受先を株式会社グローカリンク、モバイルインターネットキャピタル株式会社とし、さらに、中国銀行、商工組合中央金庫による長期融資も合わせ、シードラウンドとして第三者割当増資を実施、約2億円の資金調達を実施した。

 

 

 

 

 

記事ライター
muro

muro

ページトップへ