EggSmart(エッグスマート)が設立および資金調達、横浜銀行・国立大学法人横浜国立大学・神奈川県の産学官三者が後押し

muromuro ファクタリング・ローン・融資ニュース
ファクタリング・ローン・融資など 資金調達最新情報

ファクタリング おすすめ業者比較

OLTA クラウドファクタリング の評判・審査・口コミは?

EggSmart(エッグスマート)株式会社が資金調達および起業、株式会社横浜銀行・国立大学法人横浜国立大学・神奈川県の産学官三者の後押しを受け

「鶏と養鶏家を共に幸せにする」という理念のもと鶏卵・養鶏業界の諸課題を解決するスタートアップ EggSmart(エッグスマート)株式会社(代表者:宮崎 将明)が、コンコルディア・フィナンシャルグループの株式会社横浜銀行(代表取締役頭取: 大矢 恭好)と国立大学法人横浜国立大学(学長: 長谷部 勇一)、神奈川県(知事: 黒岩 祐治)の産学官三者の後押しを受け、資金調達、起業を行った。

鶏にストレスのかからない“平飼い”を採用する養鶏場と料理店を繋ぐオンラインマッチングサービスを開発し、質の高い卵を販売、10月には沖縄県に自社の養鶏場を設立し、鶏卵の生産・販売に取り組む予定。

EggSmart株式会社(エッグスマート) 会社概要

  • 会社名: EggSmart(エッグスマート)株式会社
  • 代表者: 宮崎 将明
  • 資本金: 1,000,000 円
  • 事業内容: 鶏卵販売のプラットフォーム開発、鶏卵の生産・販売

横浜銀行の起業支援の概要

  • 2019年4月~: 横浜国大において企業経営などに関する寄付講座を開講(全 15 回)。
  • 2020年6月:学生より計画する事業について当行および横浜キャピタルに対してプレゼンテーションし、行員らよりフィードバックを実施。
  • 2020年9月: 事業に必要な資金の融資を実行。

2020年9月15日
横浜国立大学の学生による起業への支援について
コンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行(代表取締役頭取 大矢 恭好)は、国
立大学法人横浜国立大学(学長 長谷部 勇一)との連携協定の一環で、学生の起業支援をおこ
ないましたのでお知らせいたします。
横浜銀行と同大学は、2018年10月、地域経済の持続的な成長・活性化に貢献するために包
括連携協定を締結しました。その一環で、同大学において2019年4月より当行行員が講師とな
って企業経営などに関する寄付講座を開講しており、当該講座を受講した学生から起業に関する相
談を受けたことが本件のきっかけです。以来、当行は当該学生が起業を計画する事業についてアドバ
イスするなど継続的にサポートしてきましたが、このたび、創業に必要な資金を協力し、当該学生は
EggSmart株式会社(代表取締役 宮崎 将明)を設立して正式に起業することが決まりまし
た。なお本件は、同大学との包括連携協定締結以降、学生起業を支援した初めての案件です。
代表者は、同大学で経営学を学びながら、養鶏場・会計事務所・ベンチャーキャピタル等のインタ
ーンシップを通して起業の準備をしてきました。本事業は、平飼いによりストレスを掛けずに生産し
た鶏卵を、小売店・飲食店への卸売り、ECでの一般販売など多角的な手法で販売する点が特徴です。
当初は事業協力者である沖縄県の養鶏場で自身も養鶏に携わりながら事業を展開し、2期目以降は
需要の高い神奈川県を拠点としながら、養鶏場と料理店を繋ぐ「オンラインマッチングサービス」を
開発する計画です。同サービスによる事業展開は、2019年度の神奈川県が主催する「かながわ学
生ビジネスプランコンテスト」にて神奈川県知事賞(最優秀賞)にも選定されています。
横浜銀行は今後も、さまざまな企業活動を通じて地域経済の持続的な成長・活性化に貢献して
いきます。

引用元

 

【プレスリリース】横浜銀行が横浜国立大学学生の起業を支援!

【プレスリリース】横浜銀行が横浜国立大学学生の起業を支援!
国立大学法人横浜国立大学(学長 長谷部 勇一)とコンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行(代表取締役頭取 大矢 恭好)の連携協定の一環で、本学経営学部3年 宮崎 将明さんが設立したEggSmart株式会社が同行より起業支援を受けることが決まりました。
本件は、本学と同行との包括連携協定締結以降、学生が起業支援を受けた初めての案件です。

引用元

 

神奈川県が支援した学生起業家が事業を開始しました!
2020年09月15日
記者発表資料
県では、数多くの起業家が継続的に生まれ育つ風土の形成を目指し、県内にキャンパスを有する大学等と連携した大学生等への起業啓発に取り組んでいます。
この度、昨年度に実施した学生向け起業支援プログラムに参加し、県主催のビジネスプランコンテストで県知事賞(最優秀賞)を獲得した学生が、株式会社横浜銀行から資金調達※を行い、事業を開始することとなりましたので、お知らせします。

※株式会社横浜銀行は国立大学法人横浜国立大学と包括連携協定を締結し、学生の起業を支援しています。本件は協定締結後、資金を提供した初めての案件です。(別紙)

学生のご紹介
宮崎 将明さん(横浜国立大学 経営学部 3年)
動物福祉に関心を持っていたことからインターンとして訪れた沖縄の養鶏場で、厳しい鶏の飼育環境や、環境改善に取り組む余力のない養鶏家の現状を目の当たりにしました。
今、「鶏と養鶏家がともに幸せになれるビジネス」の実現に取り組んでいます。

事業のご紹介
鶏にストレスのかからない“平飼い”を採用する養鶏場と料理店を繋ぐオンラインマッチングサービスを開発し、質の高い卵を販売する計画です。
10月には沖縄県に自社の養鶏場を設立し、鶏卵の生産・販売に取り組みます。

引用元

 

記事ライター
muro

muro

ページトップへ