樋下建設株式会社、銀行保証付私募債を発行し資金調達、「みちぎん MiRai-e(みらいへ)貢献ボンド」をみちのく銀行が全額引受

ファクタリング・ローン・融資など 資金調達最新情報

ファクタリング おすすめ業者比較

OLTA クラウドファクタリング の評判・審査・口コミは?

樋下建設株式会社が、銀行保証付私募債を発行し資金調達、「みちぎん MiRai-e(みらいへ)貢献ボンド」を株式会社みちのく銀行が全額を引き受け

樋下建設株式会社が、銀行保証付私募債「みちぎん MiRai-e(みらいへ)貢献ボンド」を発行し、株式会社みちのく銀行が全額を引き受けることで1億円の資金調達を実施した。

「みちぎん MiRai-e(みらいへ)貢献ボンド」は、ESG型私募債となっており、ESG経営(「環境保全」「社会的な課題解決」「企業統治・コンプライアンス等」)に積極的に取り組んでいる中堅・中小企業が対象となっている。

銀行保証付私募債は、純資産額、自己資本比率などの一定の基準を満たした優良企業が対象となり、発行企業のメリットとして財務内容の健全性など対外信用力を高めることができる。

さらに「みちぎん MiRai-e(みらいへ)貢献ボンド」については私募債を発行する際に、株式会社みちのく銀行が私募債発行手数料の一部を寄付金として拠出し、私募債発行企業が指定した小・中・高等学校等に対して、必要な書籍や楽器、スポーツ用品等の寄贈を行うことで社会貢献が可能となっている。

樋下建設株式会社のESG型私募債(学校寄付タイプ『みちぎんMiRai-e貢献ボンド』)

  • 発行概要
  • 発行銘柄: 樋下建設株式会社 第9回無担保社債(株式会社みちのく銀行保証付)
  • 発行企業: 樋下建設株式会社(本社:岩手県盛岡市/代表取締役 樋下 光/業種:土木建築工事業)
  • 発行金額: 1億円
  • 発行日 2020年9月18日(金)
  • 期間: 5年
  • 償還方法: 定時償還
  • 資金使途: 運転資金
  • ESG経営への取組み:
    ・1967年設立。
    ・環境マネジメントの第三者認証規格であるISO14001と品質管理マネジメントの第三者認証規格であるISO9001を取得し、環境に配慮した経営、および品質の維持

ESG型私募債(学校寄付タイプ「みちぎんMiRaiみらい-e貢献ボンド」)概要

  • 適債基準:株式会社みちのく銀行所定の適債基準に該当する事業者
  • 発行限度額:5,000万円~5億円(1,000万円単位、ただし定時償還型の場合は5,000万円単位)
  • 償還方法:
    ①満期一括型
    ②定時償還型
  • 期間:2年以上5年以内(1年単位)
  • 担保:無担保(みちのく銀行100%保証)
  • 引受手数料:0.20%(通常の私募債より0.05%引下げ)、別途保証料・手数料が必要
  • 発行メリット:
    ①固定金利による長期的安定資金の調達が可能
    ②私募債発行を通じてESG経営、地域貢献ができ、企業価値向上が図られる

 

記事ライター
muro

muro

ページトップへ