Moonstake(ムーンステーク)、シードラウンド1億1千万円(約104万米ドル)の調達を完了

Moonstake(ムーンステーク)

ファクタリング おすすめ業者比較

OLTA クラウドファクタリング の評判・審査・口コミは?

Moonstake(ムーンステーク)が、Ruby Capitalなどから、シードラウンドの資金調達として1億1千万円(約104万米ドル)の調達を完了

Moonstakeは、アジア地域や世界規模で高まる需要に応えるため、ステーキングプール・プロトコル開発のために設立され、暗号資産保有者にとって活発的な環境を提供するアジアにおいて最大ステーキングプールネットワークになることを目標とする Moonstake(ムーンステーク)が、シンガポールを拠点とするベンチャー・キャピタルのRuby Capitalをリードインベスターとし、国内外に拠点を有する金融投資家などから、シードラウンドの資金調達として1億1千万円(約104万米ドル)の調達を完了した。

Moonstake(ムーンステーク)とは

Moonstakeは、アジア地域や世界規模で高まる需要に応えるため、ステーキングプール・プロトコル開発のために設立され、ステーキングプールのプロトコルを開発し、パートナーや会社を通してサービスを提供し、暗号資産保有者にとって活発的な環境を提供するアジアにおいて最大ステーキングプールネットワークになることを目標としている。

アジアを率いるエコシステムを構築していくためにEmurgo、Ontology、NEO、PundiX、Wanchain、Qurasらと、次々とメジャープロジェクトとのパートナーシップを拡大、日本最大のブロックチェーンハブのBinarystar、シンガポールCatalist上場企業のOIO Holdings Limited (SGX: OIO)、と提携しており、アドバイザーには、世界的なプロジェクトのLISKや、プロジェクトの著名プレイヤーを迎えている。

Ruby Capital Pte Ltdについて

Ruby Capital Pte Ltd.は、シンガポール通貨庁の認可を受けたベンチャーキャピタルファンドマネージャーとして、シンガポール、日本、中国の産業界の専門家やスペシャリストを採用しいる。

Ruby Capitalは、金融、IT技術、インキュベーター、教育、サプライチェーン業界に強いコネクションを持つ中国、日本、韓国、シンガポール、ヨーロッパのBinaryStar、Infinity Blockchain Groupなどと提携し、人工知能、データ分析、フィンテック、消費者技術革新、分散型台帳技術(DLT)、拡張現実、量子コンピューティング、その他の潜在力の高いイノベーションに投資している。

 

人気の記事:OLTA ファクタリングの評判や審査について

人気の記事:yup先払い の評判や審査について

記事ライター
muro

muro

ページトップへ