株式会社シマント、第三者割当増資による資金調達を実施

シマント ロゴ 画像

ファクタリング個人事業主オンラインランキング

OLTA クラウドファクタリング の評判・審査・口コミは?

株式会社シマントが、第三者割当増資による総額約 1 億 1 千万円の資金調達を実施

デジタルトランスフォーメーションに取り組む企業において、導入年代が様々な業務システムが散在することで発生するデータ整備の課題に対するデータ連携ソリューション「SImount DWH」「SImount BOX」を提供する 株式会社シマントが、第三者割当増資により総額約 1 億 1 千万円の資金調達を実施した。

株式会社三菱総合研究所、三菱 UFJ キャピタル7 号投資事業有限責任組合(三菱 UFJ キャピタル株式会社)、ナント CVC2 号投資事業有限責任組合(株式会社南都銀行と株式会社ベンチャーラボインベストメントが共同で設立)、みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合(みずほキャピタル株式会社)、株式会社ビヨンドスタンダード、その他個人株主が引受けた。

ーリリース内容ー

株式会社シマントが 1.1 億円の資金調達を実施

株式会社シマント
2020 年 10 月 7 日

株式会社シマント(以下「当社」)は、株式会社三菱総合研究所、三菱 UFJ キャピタル7 号投資事業有限責任組合(三菱 UFJ キャピタル株式会社)、ナント CVC2 号投資事業有限責任組合(株式会社南都銀行と株式会社ベンチャーラボインベストメントが共同で設立)、みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合(みずほキャピタル株式会社)、株式会社ビヨンドスタンダード、その他個人株主を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約 1 億 1 千万円の資金調達を実施いたしましたので、お知らせします。

当社は、デジタルトランスフォーメーション(以下「DX」)に取り組む企業において、導入年代が様々な業務システムが散在することで発生するデータ整備の課題に対し、データ連携ソリューション「SImount DWH」「SImount BOX」を導入してきました。

具体的には、①業務システム毎に別々に管理されているマスタデータの統合や②フォーマットや粒度の違う業務システムのサイロ化データや各部署で管理されているExcel など、企業内で使われているバラバラな業務データを連携させることで、DX の最初の壁を既存システムの改修なしに解決してきており、これまでは、主にシステム間のデータ連携に課題を抱える金融機関での採用事例を積み上げて参りました。

今後は、株主である三菱総研や各種金融機関系 VC との連携により、金融機関での事例
で積み上げたノウハウを軸として、各業界の先進的なデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進支援に注力して参ります。

今回の調達資金は、当社製品の更なる UI・UX 改善を含む製品開発投資およびコンサルティングファームとの協業体制の強化に充て、DX を推進しようとする、より多くのお客さまの支援を進めて参ります。

株式会社シマントについて

既存システムとそこに結びついている業務フローとデータに起因し、DX 進捗ができない問題を、革新的なデータベース技術を以って解決して参ります。

  1. 所在地 東京都文京区小石川一丁目 28 番 3 号
  2. 代表者 代表取締役 和田 怜
  3. 事業内容 マルチバリューデータベース技術を活用したデータ連携ソリューションSImount DWH、および SImount BOX(シマントボックス)を提供
  4. 資本金 173,912,500 円(資本準備金 86,756,250 円含)
  5. 設立年月日 2014 年 8 月 8 日

【お問い合わせ先】
info@simount.com

記事ライター
muro

muro

ページトップへ