SOFTWARE

ARTISTS

  • Nao Tokui

muse'ic visualizer

Creative Direction : 
Merce Death
Art Direction : 
Shingo Ohno, Genki Ito
Programming : 
Nao Tokui (Qosmo)
Technical Direction : 
Seiichi Saito (Rhizomatiks)
Motion Graphic Design : 
Genki Ito
Sound Analyze : 
Hidenori Chiba (Rhizomatiks)
Movie Shooting : 
Shizuo Takahashi

Salyuの新プロジェクト「salyu x salyu」。Cornelius=小山田圭吾との共同プロデュース作品「s(o)un(d)beams」を2011.04.13にリリース。その中の1曲である「muse'ic」のためのインタラクティブなミュージックビデオアプリケーションです。
「muse'ic visualizer」を立ち上げると、あなたが目にしている風景が「muse'ic」とシンクロするように変化していきます。 カメラが捉えている映像によって見え方が変わるので、様々なシチュエーションで何度でも楽しむ事ができます。ぜひヘッドフォンを繋いでお楽しみください。

"salyu x salyu” is a new project by Salyu co-produced with Cornelius (Keigo Oyamada) and its new album, “s(o)un(d)beams,” was released on April 13, 2011. This is an interactive music video application for “muse’ic,” one of the songs in this album.
When you start the “muse’ic visualizer,” the view you see on the screen keeps changing in sync with the music. The visual image changes depending on what you capture with your camera, so you can enjoy it repeatedly in different situations. Plug your headphones in and enjoy!

NBuilding.app

teradadesign+Qosmo
(Nao Tokui + Alex Reeder)
info @ qosmo.jp

Supported OS : 
iOS

立川駅近くの商店街に位置するテナントビルの計画です。テナントビルの場合、看板や宣伝がファサードを占拠してしまい、建物自体の個性やアイデンティティーを表現することが設計では難しいと思いました。そこでQRコードのパターンをそのままファサードにし看板と置換えることを考えました。このQRコードをきっかけに携帯サイト上で店舗情報などを随時更新していくことによって、従来の看板とは違った質の情報の発信を行う事を目的としました。
2009年12月15日。ビルのオープニングにあわせて、Nビル専用のiPhoneアプリケーションのお披露目を行いました。静的なQRコードに対して、よりダイナミックな表現が可能なiPhoneのようなデバイスを用いることで、どのようなことが可能になるのでしょう?私たちが提案する一つの未来像、それはデバイスを通して建物を眺めることで、建物の中の情報や人々の活動の様子を「覗く」ことができるというものです。建物の中の人々は仮想的なキャラクターとして表現され、それぞれの活動の様子を眺めることができます(シミュレーション・ゲームのようなイメージです)。 また、お店の情報をブラウズして予約を入れたり、クーポンをダウンロードすることも可能です。バーチャル(iPhone)が物理的な存在(Nビル)をエンハンスするかたちで、建物に関する情報を提示する新しい手法を模索しました。
NビルiPhoneアプリは、建物の形状をリアルタイムに認識し(ビデオをご参照ください)、カメラのライブ映像の上にキャラクターをオーバーレイすることで、あたかも建物内部が透けて見えているかのようなグラフィックを実現しています。また、Nビルとその周辺でリアルタイムに生まれるネット上の情報を、キャラクターの吹き出しというかたちで表示します(Twitterのロケーション情報やハッシュタグを用いています)。お店の情報や予約システムなども、このiPhoneアプリに組み込まれています。iTunes App Store上での一般公開の予定はいまのところありませんが、ご興味のある方にのみに配布しています。Nビルのファサードに組み込まれたQRコードは、ユーザーがカメラを建物に向ける動機付けとして重要な役割を果たしています。Qosmoの独自の技術を用いることで、QRなどのマーカーを持たない建築物に対しても同様な仕組みを実装することができます。

N Building is a commercial structure located near Tachikawa station amidst a shopping district. Being a commercial building signs or billboards are typically attached to its facade which we feel undermines the structures' identity. As a solution we thought to use a QR Code as the facade itself. By reading the QR Code with your mobile device you will be taken to a site which includes up to date shop information. In this manner we envision a cityscape unhindered by ubiquitous signage and also an improvement to the quality and accuracy of the information itself.
December 15th, 2009 we held an opening which included the limited release of an iPhone application made specifically for N Building. If a QR Code is static, what could we do with a dynamic device like the iPhone? Our proposed vision of the future is one where the facade of the building disappears, showing those inside who want to be seen. As you press on the characters their comments made on online appear in speech bubbles. You can also browse shop information, make reservations and download coupons. Rather than broadly tagging, we display information specific to the building in a manner in which the virtual (iPhone) serves to enhance the physical (N Building). Our goal is to provide an incentive to visit the space and a virtual connection to space without necessarily being present.

ToyToyota "Backseat Driver"

CD/AD/TD : 
PARTY
Producer : 
PARTY, Seiichi Saito (rhizomatiks)
Programmer : 
PARTY, Nao Tokui (Qosmo)
Designer : 
PARTY, Takayuki Sugihara (roughark))
Pictogram: : 
Rie Fujinaka (Noppo)
3D Design : 
Yoshiyuki Odajima
Sound Design : 
Tomoko Kataoka, Yuu Yamaguchi (manual of errors artists)
Film Production: : 
Engine Plus
Agency : 
PARTY
Supported OS : 
iOS

Backseat Driverというタイトルが示すように、車の後部座席で楽しむためのiPhoneアプリです。
子供が親と一緒にドライブを楽しみながら遊べるようなゲームになっています。ゲームの中身は、お父さんが運転する仮想的な車の後ろを子供が運転する車が追いかけていくという単純な設定です。GPSと連動することで、実際の車の移動にあわせて、画面の中に道が現れます。周囲の地名やランドマークが画面に現れ、アイテムをとってポイントを集めていくことで、自分の車をカスタマイズすることができます。
現実の世界を全く違う世界観で表現することで、車の運転や移動という行為に新しい価値や楽しみをつけくわえることができました。

It is the world's first mobile application that you can enjoy driving from the backseat of your car. You can take a virtual drive linked by GPS to your actual driving route.