CINEMA

ARTISTS

  • Yoshihiro HANNO

UGLY

Directer : 
Kensaku KAKIMOTO, Yoshihiro HANNO
Original Story : 
Yoshihiro HANNO
Written : 
Yoshihiro HANNO, Kensaku KAKIMOTO
Director of Photography :
Kensaku KAKIMOTO
Editor : 
Kensaku KAKIMOTO
Music Composer : 
Yoshihiro HANNO
Cast : 
Yosuke KUBOZUKA, Stéphane Coulon, Akiko MONOU, Ngnima Sarr etc...
2011   
101min
Distribution : 
alcine terran
Produced : 
Rock & Roll Japan, Monopolize

official web : ugly.theatre-tokyo.com/
©2011「UGLY」製作委員会/UGLY partners

窪塚洋介主演で、とある若者たちの等身大の日常とその裏に隠された出来事を全編パリを舞台に描き出したドラマ。
なんとなく日々を生きているカメラマンの青年カズヤはパリに住む異母兄弟の聡を訪ねるが、そこに聡の姿はなく、一緒に暮らしていたルームメイトたちも聡について何も語らなかった。そんなある日、カズヤはふとしたことから日本人女性の理恵と出会い、理恵の口から数週間前に聡が自殺していたことを聞かされる。
監督は、数々のPVなどを手がけ、劇場長編作はこれが2作目の新鋭・柿本ケンサクと、ホウ・シャオシェンやジャ・ジャンクー作品の音楽も手がける半野喜弘。

幻の曳航 / tow a vision

Directer : 
Yoshihiro HANNO
Written : 
Yoshihiro HANNO
Shot : 
Yoshihiro HANNO
Editor : 
Yoshihiro HANNO
Music Composer : 
Yoshihiro HANNO
Cast : 
Mitsuru WATANABE, Yoshihiro HANNO
2012   
16min
Produced : 
Cirque Paris Production

半野喜弘(作曲家/映画監督/脚本家)

映画音楽からオーケストラ作品、エレクトロニクスミュージックにいたるまで、幅広く世界中で活躍する音楽家。
97年ヨーロッパでリリースされた作品で注目を集め、2000年パリへ活動の拠点を移す。 そのジャンルを超越した創作活動は独自の存在感をもって受けとめられている。 台湾の巨匠ホウ・シャオシャン監督作品『フラワーズ・オブ・シャンハイ』(98')でフランス・メディアに 『新たな映画音楽作家の発見』との評価をうけて以降、現代中国の旗手ジャ・ジャンクー、ユー・リクワイ等、 現代アジアを代表する監督達と共同作業を重ね、その作品のほとんどがカンヌ国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭と いった世界映画祭の最高峰ともいえる場所で高い評価を得ている。
2007年、スイスにて初のオーケストラ曲 <Wake(2007)> を作曲/初演。
2009年にはアジア最高峰の映画賞であるAsian Film Award にて最優秀コンポーザーにノミネートされた。
2011年、監督/脚本を柿本ケンサクと共同で制作、全編パリで撮影し窪塚洋介が主演した映画『UGLY』が公開される。
現在は2012年に製作されるジャ・ジャンク監督の歴史超大作『在清朝』の音楽の製作準備に入っている。

その繊細かつ豊潤な音楽は、熱狂的な信者を獲得しつつも、常に変貌を遂げ、 『私の音楽は人間の根源的な苦しみと喜びへの普遍的な讃歌なんだ』と本人が語るサウンドは、 常に斬新な感動を聴く者に与え続けている。

op.disc, Cirque/Cirque.Mavo主宰

Yoshihiro HANNO / Composer, Film Director, Screen Writer

Born in Osaka 1968, Yoshiro Hanno is an internationally renowned musician/composer whose field of work has been expanding from movie soundtracks to orchestral pieces, as well as electronics music.
In 1997 he was highly acclaimed for his album released in Europe, which led him to move to his homebase to Paris since 2000. His creation style, which is boundary-free for any genre has made him unique in the music scene. With his score for Hou Hsaio-Hsien film “Flowers of Shanghai”, which was highly praised as “discovery of a new talent of movie soundtracks”.
Hanno has collaborated with leading Asian directors such as Jia Zhang-ke and Yu Lik Wai etc...
His subtle yet rich elegant music has gained a strong fan base and is constantly evolving. As Hanno says, “My music is a universal hymn to the primitive pain and pleasure of being human”, his sounds keep giving the audience sensational emotions.
He is also director of Cirque and op.disc.