op.disc

日本人アーティストの音楽性にフォーカスし、様々なアーティストの交流地点というスタンスで
2004年東京にてスタート。これまで12インチ・レコードを中心にカタログは30タイトルを超える。

初期はスタイルの差異や融合から生まれる可能性を模索し、アーティスト同士の共同制作というアイデアを軸に活動を展開。レーベル1作目となる田中フミヤとRADIQのソロ/コラボレーション作品を収録した12インチのリリースを皮切りに、リョウアライ、Compositionist(DJ Klock)等、スタイルとしてのテクノの枠を超えた個性豊かなアーティストが参加した作品群を発表。
それに伴いレーベル・ショウケース的なパーティhubを東京・代官山UNITで定期開催。
2006年中盤以降、よりレーベルとしての指向を強め、AOKI takamasa/PARABOLICA(2006)、ditch/ditch weed(2007)、DARTRIIX/DARTRIIX(2007)、Akiko Kiyama/Doublethink(2011)といったアルバムや新しい世代のアーティストによるスプリット盤等をリリース。
2009年には3枚目のレーベル・コンピレーションアルバム[hub Opus Tokyo]をリリースし、同年8月には総勢19アーティストが一挙に集うパーティーを東京・恵比寿LIQUIDROOMにて開催。

2012年、音楽を出発点としてレーベルに関わるアーティストの様々な活動をリンクし、複合的にアート・フォームを交差させることで人々との交流をはかる。

op.disc was launched in Tokyo in 2004 to provide a platform for Japanese artists, primarily musicians, so they could interact, coming from differing musical styles and backgrounds. To date more than 30 production catalogues, mainly 12” vinyl, have been released. It started out to present several collaborative works experimenting with different style mixtures. The first 12”release was by the artists Fumiya Tanaka and Radiq with their solo and collaborative works, and then followed by the other quintessential artists such as Riow Arai and compositionist (DJ Klock) etc. who stepped outside the boundaries of Techno.With these releases, op.disc showcased with regular parties 'hub' at Unit in Daikanyama,Tokyo. Since mid 2006 op.disc have released albums by the artists, AOKI takamasa /PARABOLICA(2006); ditch/ditch weed(2007); DARTRIIX/DARTRIIX(2007);Akiko Kiyama/Doublethink(2011) and also split EPs by new artists. In 2009, a third compilation album hub Opus Tokyo was released, and showcased all 19 label artists at Liquidroom Ebisu, Tokyo. For 2012 and onwards op.disc will continue to develop links between their artists across musical genres, reaching other artists from a wide range of art forms  and interweaving between these seminal groups of individuals.